イタリア原産の伝統的なお酢

 

バルサミコ酢は日本でも料理の際、使用頻度の多いお酢のひとつです。バルサミコ酢はぶどうが原料の調味料。ぶどう酢、いわゆるワインビネガーと同じ原料ですが、バルサミコ酢とはその製造方法や熟成方法が違うようです。バルサミコ酢とはどのようなお酢なのでしょうか。またどのような味わいがあるのでしょうか。

 

バルサミコ酢とは・バルサミコ酢の特徴

 

バルサミコ酢はぶどうを原料にしたお酢です。バルサミコ酢も果実を使用した果実酢の一種になります。イタリアが原産国であり、本場イタリアではAceto Balsamico(アチェーダバルダミコ)と呼ばれています。

 

ぶどうを原料にしたお酢といえばぶどう酢(ワインビネガー)をイメージしますが、原料が同じでも、その味や香り、そしてその製造方法には違いがあるようです。ぶどう酢はぶどう果汁をアルコール発酵させワインにし、その後酢酸を加えさらに発酵させて作るものです。

 

一方のバルサミコ酢は、選りすぐりのぶどう果汁を煮詰めまず濃縮させ、その後樽に詰め発酵・熟成させます。発酵・熟成が進むとその量は少なくなっていきます。その量に合わせ樽の大きさと樽を作る木の材質を変えていき、自然の力に任せながらさらに熟成させます。樽の材質はこのように変化します。

栗→桑→樫→トネリコ→桜

 

その熟成期間は最低でも4年から6年はかかると言われ、長ければ10年以上。ここまでの時間と手間をかけて作られたバルサミコ酢は、熟成が進むにつれ褐色に。濃厚で深い味と香りが特徴です。

 

これはイタリアに古くから伝わる伝統的なバルサミコ酢の製造方法によるもの。これだけの手間がかかるため当然その値段も高くなります。このように伝統製法で作り上げたバルサミコは高価なため、最近では添加物などを加えたお手頃で手に入りやすいバルサミコ酢も登場しています。

 

  • 手に入れやすさ★★★★★
  • 低価格★★☆☆☆
  • 飲みやすさ(酸味)★★★☆☆
  • 味・・・濃厚
  • おすすめの摂り方・・・肉料理やスイーツ

 

バルサミコ酢の効果や働き

 

バルサミコ酢にはポリフェノールクエン酸がとても多く含まれていると言われています。りんご酢やぶどう酢などと同じく、アミノ酸の含有量はあまり多くありません。

 

バルサミコ酢の主な効果と言えば、血液サラサラ効果疲労回復効果と言えます。

 

血液はさまざまな原因によってドロドロになると、血管の中に血栓が出来やすく、血液の循環が悪くなってしまいます。また血栓によって詰まってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞の恐れもあるため、注意が必要です。血流が良くなることで、さらにこのような効果へと繋がっていきます。

肩こり改善・冷え性改善・貧血予防・便秘解消・美肌効果など

 

またバルサミコ酢に含まれるクエン酸は、体内でクエン酸サイクルを生成。疲労物質である乳酸を分解し、体外へと排出してくれる効果もあるのです。このようにクエン酸サイクルが正常にスムーズに機能すると、太りにくい体を作ってくれるため、ダイエット効果にも役立ちます。

 

どんな人におすすめ?

 

バルサミコ酢をおすすめしたい人は美容ダイエットに気を使う人。バルサミコ酢にはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用に大変優れた栄養成分です。

 

老化の原因となるのは活性酸素であり、活性酸素はコレステロールや中性脂肪を酸化させます。酸化してしまったコレステロールや中性脂肪は過酸化脂質と呼ばれ、さまざまな病気の原因となってしまうのです。

 

老化は肌だけに限ったことではありません。アンチエイジングとは体全体の老化に関わることであり、体の老化に逆らうことに他なりません。そのためには抗酸化成分の力が必要なのです。

 

ダイエット

 

また、果実酢ならではのクエン酸の多さにも注目。クエン酸は体内エネルギー燃焼回路であるクエン酸サイクルを生成します。クエン酸サイクルは、私達が健康な体を維持するために必要不可欠なエネルギー燃焼回路です。

 

体外からとりこまれた成分をエネルギーとして消費するのもこのクエン酸サイクルによって行われています。すなわち、このクエン酸サイクルは美容とダイエットの鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

その他におすすめしたいのは食に敏感な人です。バルサミコ酢はその厳選された原料とその製法、じっくりと時間をかけた熟成期間によってお酢の中でも濃厚な味わいを持っています。料理に使用する際も、ほんの数滴で味を変えてしまう程です。そのため、食にこだわり楽しみたいグルメな人にぴったりのお酢と言えるでしょう。

 

相性の良い食材や成分

 

バルサミコ酢が相性の良い食材と言えば肉類ではないでしょうか。もちろんサラダやカルパッチョ、ドレッシングなどの料理にもとても良く合いますが、バルサミコ酢の濃厚で芳醇な味わいと香りは、お肉料理にぴったりと言えるでしょう。

 

豚肉などはビタミン類も豊富ですので、栄養成分をプラスすることにもつながります。バルサミコ酢はほのかな甘みもあるため、調理方法はソテーなどが良く合います。
仕上に数滴たらすだけでOK。

 

またスイーツやアイスクリームなどにもぴったりのお酢です。酸味のきいたフルーツにも良いですね。また、漬け込み料理にもおすすめします。調理前にバルサミコ酢使い調理した調味液に漬けこんでおくと味に深みが出ます。


このページの先頭へ戻る